TOP > STIとは

STIとは

STIナノスフィアシリーズに込めた想い

S(Stay) T(Treatment) I(Inclusion)
ナノカプセルに包接した美容成分を長時間お肌に滞在させトリートメントすること。

アイ・ティー・オー特許原料ナノスフィアをすべてのラインへ配合することで、美容成分の滞在時間をコントロールし、目的の場所まで浸透(※角質層)させることが可能になった最先端のエイジングケア(※エイジングケアとは年齢に応じたお手入れ)化粧品です。

Nanosphere(ナノスフィア)の特徴

Nanosphere(ナノスフィア)とはビタミン誘導体ナノカプセルともいいます。
この微粒子で美容成分を包むことによりイオン導入、美容成分を安定させること、お肌への滞在時間をしっかり長くさせることが可能になり、より一層の浸透力※1 が実現出来る画期的な誘導体です。
ここまできた研究の成果をSTI シリーズとして誕生させました。全く新しい肌体験を実感して下さい。

1 フリーラジカルバリア

両親媒性ビタミン誘導体を利用したナノカプセル包接体APPS、EPC、TPNa は両親媒性物質であり界面活性物質として脂質とともに利用することで液晶構造化させることが出来、脂質類を内包することにより両親媒性ナノスフィアを皮膜剤としたフリーラジカルバリアに覆われた脂質包接体(ナノスフィア)を製造することが出来ます。また、水・油・水・油の多層構造を有する為水層に水溶性物質も配合することが可能です。

2 安定化と変色現象の抑制

ナノスフィアの中ではAPPS 分子が安定化されるため変色現象が抑制されます。通常、美容成分はそのままの場合、時間がたつとともに成分が分解されたり変色しやすくなりますが、ナノスフィアに包まれることにより急な成分の変化を抑えられます。APP 包接体に包まれることにより安定した状態でお肌への成分供給が出来るようになりました。

3 皮膚滞在時間の向上

ナノスフィアは皮膚組織内で過剰な濃度にならない為刺激が起こりにくく、一定時間安定濃度を保つことが期待出来ます。両親媒性ビタミン誘導体を利用したナノカプセル包接体が皮膚(角質層)への滞在時間を向上させることが実験でわかりました。そのため美容成分がより深く※2 しっかりとお肌に浸透します。